賃貸保証・事故物件の保険なら【株式会社アドヴェント】~夜逃げをした家賃滞納者への対処方法~|賃貸保証・家賃保証の株式会社アドヴェント

東京の賃貸保証会社株式会社アドヴェント

TEL03-5956-7760FAX03-5956-7761

  • 営業時間:10:00~18:00
  • 休み:夏季休暇・年末年始

コラム

賃貸保証・事故物件の保険なら【株式会社アドヴェント】~夜逃げをした家賃滞納者への対処方法~

賃貸保証・事故物件の保険なら審査が早い【株式会社アドヴェント】へ~加盟店登録時の費用は一切かかりません~

賃貸保証・事故物件の保険なら審査が早い【株式会社アドヴェント】へ~加盟店登録時の費用は一切かかりません~

賃貸保証や事故物件の保険をご検討されているなら、【株式会社アドヴェント】にご相談ください。スピーディーな審査はもちろん、外国人や高齢者など、他社で審査対象外となった方々も幅広く受け入れております。一般的な賃貸保証の他、事故物件の保険もご用意しておりますので、お客様のあらゆるニーズにお応えすることができます。

サービスご利用の際は、加盟店登録が必要となりますが、費用は一切かかりませんので、気軽にご登録いただけます。賃貸保証や事故物件の保険に興味をお持ちの際は、ぜひ【株式会社アドヴェント】をご利用ください。

夜逃げをした家賃滞納者への対処方法

夜逃げをした家賃滞納者への対処方法

家賃の滞納者は、夜逃げをしていなくなってしまうというケースも珍しくありません。そもそも、家賃を滞納してしまうということは、経済的なトラブルが起きている証拠となります。オーナー様や不動産会社様は、不特定多数の他人に貸していますので、夜逃げなどのリスクを背負うことも考えておくべきポイントといえます。

今回は、夜逃げされていなくなった場合に、どのように乗り切れば良いのか、その対処方法をご紹介します。

賃貸保証会社の保証に加入しておく

家賃を滞納して、挙句の果てに夜逃げしてしまう入居者は、以前から家賃を滞納しているケースが考えられます。長期の家賃滞納のリスクを軽減させるためには、賃貸保証会社に加入して保証を付けておくと良いでしょう。賃貸保証会社は、連帯保証人に近い役割を果たしてくれますので、家賃の滞納があった場合、一定範囲で家賃の立て替えをしてくれます。

連帯保証人を必ず立てておく

家賃滞納における夜逃げのリスクを少なくするためには、賃貸保証会社の保証にプラスして、連帯保証人を立てることを入居条件にしておくと良いでしょう。いざ夜逃げされても、賃貸保証会社と連帯保証人の二重の保証がありますので、夜逃げが起きた際も、安心して賃貸経営を続けていくことができます。また、連帯保証人がいれば、夜逃げをしようとする心理を止めてくれる、抑止力になることも期待できるでしょう。

家賃滞納に素早く対処する

家賃を滞納して支払いが苦しくなって、最終的に夜逃げされてしまうのであれば、少しでも滞納した時点で対処して、支払ってもらうようにすることも必要です。賃貸保証会社の保証を利用していれば、家賃滞納の回収交渉を行ってくれる場合もあります。

賃貸保証や家賃保証に関する豆知識

事故物件の保険をご検討中なら【株式会社アドヴェント】へ

会社名 株式会社アドヴェント
代表取締役 梅田 弘次
取締役 須藤 謙蔵
住所【本社】 〒106-0044 東京都港区東麻布1丁目10−13 東麻布アネックスビル5F
住所【東京本部】 〒170-0014 東京都豊島区池袋2丁目45−2 髙﨑ビル5F
TEL 03-5956-7760
FAX 03-5956-7761
E-mail info@k-advent.com
URL http://k-advent.com/
事業内容 ・不動産賃貸における賃貸保証事業 ・システム開発
家賃債務保証業者 国土交通大臣(1)第55号

page top